ハウスメーカーで家を建てる過程で感じたこと

今日は、家の話をしたいと思います。

お金を稼いだら手にしたいものと言えば、車と家ですよね。

その家のことについて書きます。ハウスメーカーで家を建てる過程で感じたことですね。

ハウスメーカーの営業担当の方がとても丁寧だったので、マイホームは自分たちの希望に近いものを造ることができました。

高齢な両親と一緒に住む二世帯住宅を希望していたので、バリアフリーで車椅子でも移動が可能になるような設計にしてもらったので、室内から移動する場合の段差や廊下も車椅子が通るほどの広さにするなど、色々と工夫して下さったことで、両親も安心して過ごせるようになりました。

また、トイレまでの距離も重要になるので、部屋から近い場所にトイレを設置するなど、色々と工夫して下さったことで、とても住みやすい環境になりました。

ハウスメーカーの方が高齢者が住みやすいプランを立てて下さり、そして環境を整えて下さったことで快適な室内空間になりました。

ハウスメーカーで家を建てる場合、やはりサポート内容や住宅を建築後のアフターフォローなども気になるので、そういった部分も含めて色々と考慮してハウスメーカーとしっかり相談しながら家を造ることにしました。

一生において、とても大きな買い物の一つになるため、マイホーム選びは重要ですし、家族が安心してリラックスできる空間にしたいと考えていたので、ハウスメーカーの対応はとても重視しました。

住宅を建築途中も快く内覧もできましたし、色々なアドバイスも取り入れながらマイホーム造りができたので、広々とした空間になりました。

ハウスメーカーは沢山あるので、どれにするか最初はとても悩みましたが、物件展示場での住まいの雰囲気や営業マンの対応、そして何よりこちらの希望を聞いた後、アドバイスをどんどん下さってプランを立ててくれる方はとても頼もしく感じました。

自分でデザインしたマイホームは愛着が持てる

私は以前から結婚したら家族みんなが幸せに暮らせる一戸建てを建ててみたいと思っていたのですが、お金が貯まったのでついにマイホームを建てることができました。

せっかくマイホームを建てるのだから普通の家ではなく、自分でデザインを考えたオリジナリティのある一戸建てにすることにしました。特にこだわったのが風呂で、できるだけ広めにしたところゆったり疲れが取れてよかったです。

また、妻からキッチンを使いやすくするようにリクエストされていたので、広くて料理しやすいキッチンに設計をしたところ妻からの評判も非常によいです。

やはり一戸建てはデザインを自由にできることが大きなメリットなのでマンションよりもおすすめです。

自分でデザインに関わることでマイホームに愛着が持てるのもよいところだと思います。他にこだわったのはサンルームです。

日当たりのいいサンルームを作ることで、家族や仲間やペットといっしょにのんびり過ごす時間を休日にもつことができました。

私はなるべく静かで自然のある土地に家を建てたかったので郊外に家を建てました。

土地を安く手に入れることができたので家を建てるためのお金を増やすことができ、理想の家に住むことができて幸せです。

住宅ローンの支払いがこれから30年間続きますが、快適な家に住めると思うとなんとか頑張れそうなので、理想の家を建てるのは精神的にもいいものです。

家作りで失敗する人が結構いるようですが、多分準備不足が原因では無いかと思います。

私の場合は、家を建てると決めてから約三年くらいは徹底的に調査しました。

有名どころのハウスメーカーのモデルハウスは行ける範囲のところは全部見ましたし。

雑誌などで、住宅に関することがあればだいたい目を通しました。

それから住宅ローンの審査にも備えて、クレジットカードの整理や車のローンの返済、携帯電話(スマホ)の分割払いの一括返済などの準備もしました。

クレジットカードの審査と住宅ローンの審査は信用の審査という点では似ているので、個人信用情報がどのように扱われているのかは知っておいたほうがいいです。ここにクレジットカードの審査に落ちる原因が詳しく書いてあります。

とにかく大事なことは、徹底的にあらゆる事を準備することですよ。