ハウスメーカーで家を建てる過程で感じたこと

今日は、家の話をしたいと思います。

お金を稼いだら手にしたいものと言えば、車と家ですよね。

その家のことについて書きます。ハウスメーカーで家を建てる過程で感じたことですね。

ハウスメーカーの営業担当の方がとても丁寧だったので、マイホームは自分たちの希望に近いものを造ることができました。

高齢な両親と一緒に住む二世帯住宅を希望していたので、バリアフリーで車椅子でも移動が可能になるような設計にしてもらったので、室内から移動する場合の段差や廊下も車椅子が通るほどの広さにするなど、色々と工夫して下さったことで、両親も安心して過ごせるようになりました。

また、トイレまでの距離も重要になるので、部屋から近い場所にトイレを設置するなど、色々と工夫して下さったことで、とても住みやすい環境になりました。

ハウスメーカーの方が高齢者が住みやすいプランを立てて下さり、そして環境を整えて下さったことで快適な室内空間になりました。

ハウスメーカーで家を建てる場合、やはりサポート内容や住宅を建築後のアフターフォローなども気になるので、そういった部分も含めて色々と考慮してハウスメーカーとしっかり相談しながら家を造ることにしました。

一生において、とても大きな買い物の一つになるため、マイホーム選びは重要ですし、家族が安心してリラックスできる空間にしたいと考えていたので、ハウスメーカーの対応はとても重視しました。

住宅を建築途中も快く内覧もできましたし、色々なアドバイスも取り入れながらマイホーム造りができたので、広々とした空間になりました。

ハウスメーカーは沢山あるので、どれにするか最初はとても悩みましたが、物件展示場での住まいの雰囲気や営業マンの対応、そして何よりこちらの希望を聞いた後、アドバイスをどんどん下さってプランを立ててくれる方はとても頼もしく感じました。